2018/04/20 17:00

『あなたには帰る家がある』中谷美紀と玉木宏の夫婦描写がリアルすぎて「あるある」「見てて辛い」と賛否両論!

 TBSの金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』の第1話が4月13日に放送され、初回平均視聴率は9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

 同ドラマは、2000年に『プラナリア』(文藝春秋)で直木賞を受賞した作家・山本文緒の同名小説が原作。“夫婦の絆”や“不倫”、“女の本音”が盛り込まれており、『金曜日の妻たちへ』『ずっとあなたが好きだった』といった人気ドラマを生み出したTBSの金曜ドラマらしい作品に仕上がっているそうです。

 では、第1話のあらすじを振り返ってみましょう!

■表向き“平穏な夫婦”。でも裏では……

 専業主婦・佐藤真弓(中谷美紀)は、結婚13年目になる住宅販売会社社員の夫・佐藤秀明(玉木宏)とひとり娘・麗奈との3人家族。麗奈が名門私立中学に合格し、子育てがひと段落したのもつかの間、虚無感が真弓を襲う。そんな中、麗奈の中学入学式の帰り道に、真弓がかつて働いていた旅行代理店の同期・愛川由紀(笛木優子)に偶然再会し、職場復帰を勧められる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >