2018/04/23 12:00

日テレ『正義のセ』、究極の“ミスキャスト”で視聴率急降下! 吉高由里子に検事役は無理!?

 吉高由里子が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』(水曜午後10時~)の第2話が18日に放送され、視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。

 初回は11.0%で、まずまずのスタートを切ったが、第2話にして早くも1ケタ台に転落したことで、先行きに暗雲が立ち込めている。

 同ドラマは、横浜地検で働く2年目の新米検事・竹村凜々子(吉高)が、不器用ながら、なにごとにも一生懸命で、事件にもまっすぐに取り組み、検事として、女性として成長していく姿を描いた作品だ。

 吉高は、昨年1月期に同枠でオンエアされた『東京タラレバ娘』以来の連ドラ主演。同ドラマは、初回13.8%と好発進。全10話中、9話で2ケタを記録し、平均11.4%と高視聴率で終えた。今作は、それ以来の吉高主演ドラマとあって、注目度も高かったが、フタを開けてみると、『東京タラレバ娘』のときとは、どうにも様子が違うようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >