2018/04/24 10:00

沖縄国際映画祭の惨状……レッドカーペットはカオス、無料上映でも空席、規模は年々縮小、来年はどうなる?

 4月19日から沖縄県各地で開催された『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』が4月22日に閉幕。吉本興業が始めたこの映画祭も記念すべき10年目を迎えたが、その現場は、なんとも“トホホ”な状況だったという。現地に行っていた映画関係者は、こう話す。

「全体的に盛り上がっていなかったんですよね。沖縄県内各地に複数の会場が点在し、それぞれでいろんなイベントをやっていたんですが、まずどの会場もこぢんまりとしているんです。有名俳優が出るような時間帯でないと200~300人規模の会場でも全然埋まっていないし、地元の祭りよりも寂しい感じの会場もありましたね」

 作品の上映は一部無料だったが、空席もあったという。

「今年は特に目玉となるような作品もなかったとはいえ、無料でも満席にならないのは、どうかと思いましたね。単純に映画祭としての体をなしていない。まあ、そもそも映画業界からは相手にされていないということもあるんですが、“国際映画祭”という名前は外したほうがいいのではないでしょうか」(同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >