2018/05/10 22:30

プロ野球・開幕1カ月で「テコ入れ」がささやかれる楽天イーグルスの“Xデー”

 あまりにも早すぎる「テコ入れ」だ。開幕から低迷するプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスが、開幕から1カ月でコーチ陣を配置転換。周囲は「次は誰が飛ばされるのか」と戦々恐々としている。

 楽天が属するパ・リーグは現在、埼玉西武ライオンズが開幕から独走中。近年、リーグ優勝の常連だった福岡ソフトバンクホークスですら、大きく引き離そうとしているほどの強さだ。そんな西武と対照的なのが楽天だ。故・星野監督が率いた2013年に球団初のリーグ優勝&日本一に輝き国民的注目を集めたが、今年は開幕ダッシュに失敗してセパ12球団最速で20敗に到達。6日には早くも自力優勝の可能性が消滅している。

 この状況に、球団も手を打っていないわけではない。4月30日に1軍コーチだった高須洋介、立石充男両コーチをファーム、育成のコーチにそれぞれ降格。栗原健太、真喜志康永両氏を昇格させた。

「プロ野球では常に“責任の所在”をはっきりさせる風潮が強く、今回も開幕から連敗が続いたのでその一環でしょう」(スポーツ紙プロ野球デスク)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >