2018/05/14 19:00

『戦闘中』の大改悪に批判の声が続出! 数少ない優良番組を自分で壊すフジテレビに呆れ声

 5月13日に『ニチファミ! 「戦闘中~超人サバイバル大決戦~」』(フジテレビ系)が放送された。ネット上では“番組を改悪しまくっている”と批判の声が相次いでいる。

 あるエリアで限られた時間の中、「出演者=プレーヤー」がバトルボールを投げて相手を撃破する、ドッジボールを進化させたようなゲームが「戦闘中」。今回の放送は前回の放送より約2年ぶりで、4チーム合わせて総勢24人のプレーヤーが参加した。

 そして激戦の結果、あばれる君やパンサーの尾形貴弘らが属する“熱血芸人チーム”が優勝。しかし賞金が倍になるステージに挑戦して敗北し、誰も賞金を手にすることなく終わってしまった。

「久々の放送とあってファンから期待の声が上がっていましたが、変わり果てた『戦闘中』に対して落胆する声が続出。まず最も多く批判が集まっていたのが、“実況”の存在。スポーツ中継のように実況するアナウンサーの音声が入っていたのですが、ネット上では『戦闘中に実況とかいらねぇだろ』『実況があるといつもの緊張感がなくてこれじゃない感が強い』といった声が上がっています。実は前回放送でも『戦闘中』は実況を追加していたのですが、この時も『ホントにいらない!』と批判の声が続出することに。『副音声で実況アリとナシを選べるようにしてほしい』といった意見もでるほど、この変更は改悪だといわれています」(芸能ライター)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >