2018/05/18 20:30

山口紗弥加の悪魔ぶりが最高『モンテ・クリスト伯』果たして葉山奨之の芝居は下手なのか? 狙いなのか?

 日本でも『巌窟王』として知られる170年前の原作を下地とし、現代の日本版に「脚色」したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。

 無実の罪で投獄された後、莫大な財産を手に舞い戻った紫門暖あらためモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)が気づかれることなく自分をハメた旧友らに、遠回りだが最も心理的に効果的な復讐を仕掛けていく。

 第5話の視聴率は5.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2話続けてダウン。5月に入り上がったものの、また初回並みに戻ってしまった。物語は盛り上がってきているのだが、複雑な人間関係やその展開に、途中から見始めたがついてこれない視聴者が脱落してしまったのか。確かに細かい伏線も多いのでわからないと面白さが半減してしまうかもしれないが、残念だ。おさらいします。

(前回までのレビューはこちらから)

■安藤役の葉山の不自然な芝居は本当に狙いなのか?(その2)

 前回、金や不貞のことで神楽清(新井浩文)に暴言を吐かれ、家を飛び出した妻・留美(稲森いずみ)は一夜明けて、何事もなかったように清に朝食を振る舞う。清は、有力者である議員・木島(嶋田久作)の紹介での結婚である手前、「別れられねえよな」と皮肉を言うが、留美が昨日と打って変わって落ち着いていられるのは、真海に紹介された若き実業家(のフリをしている)安藤完治(葉山奨之)という依存先を見つけたから。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >