2017/05/27 15:00

篠原涼子、松嶋菜々子、天海祐希が次々大コケ! フジの新たな被害者と予想される人気女優

 

必死のアヒル口

真木よう子さん(@yokomaki_official)がシェアした投稿 – 2016 1月 12 6:26午後 PST

 視聴率低迷により、ドラマのキャスティングに頭を悩ませているフジテレビ。主役級の俳優・女優にオファーをかけても、敬遠されることが多い現状だという。特に大物から嫌がられているのが、“木10”枠だ。

 同枠の7月期の連ドラが、真木よう子主演『セシルのもくろみ』に決まったが、業界では早くも、「爆死必至」との声が上がっている。この枠は篠原涼子、松嶋菜々子、天海祐希、北川景子といった大物女優が主演しても、ことごとく1ケタ台しか取れず、すっかり“爆死”枠として定着してしまったからだ。

 同枠ドラマが最後に全話平均2ケタを取ったのは、2014年10月期『ディア・シスター』(石原さとみ&松下奈緒主演)で平均11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。翌15年1月期に、真木が主演した『問題のあるレストラン』は、脇役陣に東出昌大、二階堂ふみ、高畑充希、菅田将暉、松岡茉優、杉本哲太といった豪華キャストをそろえながらも、平均9.3%止まりだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >