2017/06/23 08:00

滝沢秀明『こどもつかい』、4位スタートで「駄作」「席ガラガラ」の容赦ない声

 タッキー&翼・滝沢秀明が初主演を務める映画『こどもつかい』が、6月17日に公開初日を迎えた。滝沢は特殊メイクを施した“謎めいた男”を怪演しているが、ネット上では「こんなの映画じゃない。演出も脚本も演技も最悪!」「お金払って見る価値がないくらいの駄作」などと、容赦ない感想が目立っている。

 今作は『呪怨』シリーズなどを手がけた清水崇監督とタッグを組んだホラー作品。Hey!Say!JUMPの有岡大貴は子どもの霊を操り、大人に呪いをかけるこどもつかい(滝沢)と対峙する新聞記者役で出演し、有岡の恋人を女優・門脇麦が演じている。こどもつかいによって子どもがさらわれ、後に帰ってきた子どもと会った大人が3日後に亡くなるという怪事件を描いており、予告映像でも白目をむいた子どもが映るシーンが話題になった。

「滝沢は劇中で黒マントや、グリム童話で知られる“ハーメルンの笛吹き男”を連想させるような扮装を披露し、ミステリアスなキャラクターに挑戦しています。全国251館で公開されましたが、興行通信社が発表した週末2日間の動員数は12万人で、興収は1億5,000万円。同日公開の作品の中では実質1位だったものの、すでに公開が始まっている藤原竜也と伊藤英明がW主演を務める『22年目の告白 私が殺人犯です』や、上戸彩主演の映画『昼顔』と大ヒット中のディズニー映画『美女と野獣』に及ばず、初登場4位という結果でした」(ジャニーズに詳しい記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >