2017/09/11 15:06

フジ『27時間テレビ』8.5%の惨敗! 「チャリティー番組よりマシ」「やる意味ない」と賛否両論

 9月9日から10日にかけて放送された、『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)の平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。視聴者からは「予想以上に面白かった」と好評の声が上がったものの、「27時間テレビでやる理由がわからん」といった疑問の声も上がっている。

 今年の『27時間テレビ』は、総合司会のビートたけしとキャプテンの関ジャニ∞・村上信五が、旧石器時代から現代まで“にほんのれきし博物館”を27時間かけて巡るといった内容。同放送では、バカリズムが脚本を手掛けたドラマや『ホンマでっか!?TV』『さんまのお笑い向上委員会』『関ジャニ∞クロニクル』といったフジテレビ系の人気番組とコラボし、日本の歴史を掘り下げるプログラムが放送された。

「昨年放送された『27時間テレビ』は、歴代最低平均視聴率となる7.7%。今年はその数字を0.8ポイント上回る結果になりました。通算31回目の放送となった今年の放送は、“収録済みのVTRが中心の番組構成”ということで、放送前は物議を醸していたのですが、視聴者からは『歴史詳しくないし、好きでもないけど楽しく見れた』『歴史嫌いだったけど、バラエティで面白おかしくやってくれたから興味が持てた!』と好評の声が続出。一方で、『収録したVTR流すなら、わざわざ『27時間テレビ』と謳う必要はない』『生じゃないなら、なぜ27時間やるのか意味不明』『収録だと思うと、やっぱり盛り上がりに欠ける』といった声も多く、賛否が分かれています」(芸能ライター)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >