2017/12/30 11:45

「嵐、LDHの写真転売」「取材で恫喝」現場を荒らす“問題児カメラマン”の実態

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話から、ウソか真かわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋19年の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者

 

(前編はこちら)

知られざる裏方の悪行

B せっかくなんで、もう1つ、裏方の話を。「週刊新潮」(新潮社)に出ちゃったけど、「東京中日スポーツ」所属のカメラマンが、嵐をはじめとしたジャニーズタレントの写真を、よそに売りさばいてたって話。

A Iさんというカメラマンで、なんというか、とてもいい人だったんですが……。新聞社のカメラマンって、大体冴えないオッサンなんですが、Iさんは身なりが綺麗で羽振りもよかった。その理由が、ルール違反の裏バイトにあったわけですから、かなり衝撃を受けました。

B 彼、ハロプロ関連でも仕事をしていたし、LDHの写真も売ってたって話じゃない。

C 僕はエイベックス関連のイベントで、オフィシャルカメラをやっていた印象が強いです。

B いずれにせよ、もう業界からは“完全追放”だね。昔からこういうトラブルはたまにあったけど、週刊誌にまで報じられたのは初めてかもしれない。

A 問題のカメラマンというと、Dに所属していたKさんの方が、印象には残っていますが。

B 萩原流行の奥さんを罵倒した人だよね? あれは最悪だった。

C 事故死直後、奥さんが会見した際に、その場で大げんかを始めてしまったんですよ。Kさんの先輩カメラマンも現場に駆けつけるわ、110番通報されて警察がくるわで、散々でした。

A で、Kさんの捨てゼリフが「そんなんだから、うつ病なんだよ!」と……。

B D社はこの件で、部長や局長まで奥さんに謝罪に行ったそうだね。Kさんもその後、閑職に異動させられたり、一時は復帰していたものの、最終的に退社してしまった。

C こういう人たちは、もう二度と芸能の仕事に携わってほしくないですね。

B 最後はAKB48関連の話で。毎年「もうオワコン」と言われ続けてきたけど、いよいよジリ貧みたいになってきた。

A 運営的には、グループとしての売り上げはまだ増加中ってことで、メンバーたちほどの焦りは見えませんけどね。

B 一時期、年明け早々中心メンバーが、半強制的に一斉卒業させられるって話が出回っていたけど。結局何も起こらないのかな。

A 指原莉乃も柏木由紀も、「まだ辞める気はないです」って感じみたいですよ。

C 渡辺麻友も卒業してしまったし。まず総選挙を辞退する古株が続出してることが、なんとも言えない“終末感”につながっていますよね。今となっては、乃木坂46の方が格上です。

A 各メンバーそれぞれの思惑があっての辞退なんですよ。例えば山本彩は、「ファンに大金を使わせることが本意ではない」として、出馬は避けているんです。

B そうなんだ。そんな場で結婚発表した須藤凛々花とは、エライ認識の違いだね(笑)。

A まあ、それを含めてのAKBなんですよ。

C AさんはAKBに肩入れしすぎるところがありますが(笑)。僕としては指原の“坂道敵視”ぶりが相当ツボです。

B 発端は「新潮」で報じられた、「新入りの曲なんか歌えるか」発言。公に否定しないから、その後も、指原が乃木坂のメンバーやグループ自体を敵視していると、関係者みんなが認識するようになってきた。打ち合わせでも、乃木坂や欅坂46の名前が出てくるだけで不機嫌になるっていうし。

A これはもう事実としか言いようがないので、フォローはしませんけど……。

C なんというか、昔の「他人を蹴落としてでも自分がトップになりたい」といった芸能界の気風を、指原が取り戻そうと頑張っているみたいに見えるんですよね。

B いま、坂道の写真集がバカ売れしてる影響で、またAKB関連のスキャンダルが取り扱えなくなってきてるんだよ。この事実も、指原からすれば気に食わないんだろうけど。

A そのフラストレーションを、グループの発展のために生かしてくれれば……と、微妙なオチになってしまいましたが、今回はこの辺で。

 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >