2018/01/06 11:45

“さまぁ~ず・大竹の妻”中村仁美、フジ退社&フリー転向で「厄介な女子アナ」化した理由

 さまぁ~ず・大竹一樹の妻で、元フジテレビアナウンサーの中村仁美アナが、2018年1月1日付で、大手芸能事務所アミューズ入りした。フリー転向後、初の仕事は古巣・フジの『第51回爆笑ヒットパレード2018』(元日放送)となったが、各局にとって、今後は面倒な存在となりそうだ。

 中村アナはお茶の水女子大学を卒業し、02年に同局に入社。『FNNスーパーニュース』『すぽると!』などを担当し、人気女子アナとなった。11年3月に、長年交際していた大竹と結婚。12年3月に第1子となる男児、15年9月に次男を出産。16年4月に産休・育休から復帰し、『ノンストップ!』などを担当していたが、17年7月に営業局営業企画部への異動内示を受けた。アナウンサー職にこだわり、これを不服とした中村アナは、同21日付で同局を退社していた。

「若い頃は、愛らしいルックスで人気があったものの、その後、これといってアナウンサーとしての存在感を示すことができず、結果、閑職に追い込まれてしまいました。フジとしては、育児に専念してもらおうという理由で、中村アナを営業企画部に異動させたのでしょうが、その裏には、視聴率低迷を打破するため、若手アナを推したいといった思いもあったのでは。ただ、本人はこの異動を頑として承服せず、フジとは半ばケンカ別れとなっていたようです。そんな中、中村が大手のアミューズと契約したことは、フジにとっては頭痛の種になるかもしれません。中村アナに需要がなくても、ゴリ押しをされたら、むげに断ることはできませんし、ましてや、夫の大竹は売れっ子で、各局にレギュラー番組を持っていますから、ぞんざいに扱うことは難しい。加藤綾子アナのような人気アナならともかく、各局にとって中村アナは面倒な存在といえるでしょうね」(テレビ関係者)

 事実フジは、中村アナにアナウンサー職のクビを通達しながら、フリー転向後の復帰舞台を用意した格好となる。夫は高額所得者で、カネに困っての仕事復帰ではないだけに、中村アナが古巣以外のバラエティ番組で“フジ女子アナの内情”をぶっちゃける可能性も。そうならないために、フジは中村アナに一定の仕事を与えることもありそうだ。なんとも扱いが面倒なフリーアナが誕生したものである。
(田中七男)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >