2018/05/05 15:00

「原形がない」「量産型の偽美人」写真加工アプリで批判を浴びた女性タレント3人

 顔の輪郭やパーツを変化させたり、キャラクターやイラストを合成できる「写真加工アプリ」。素顔とは違った表情をみせることができるとあって、今や多くの人が使いこなす機能だが、芸能界では過剰な加工で批判を浴びてしまった女性芸能人も。

 女優でモデルの桐谷美玲は、3月27日に加工アプリ「SNOW」で撮った画像をインスタグラムに投稿してファンを落胆させてしまった。

「桐谷は『ふてニャンsnow!!』というコメントともに、『ワイモバイル』のキャラクター“ふてニャン”を合成した画像を投稿。ふてニャンのしっぽにぐるりと囲まれた桐谷の顔は頬が紅潮し、心なしか顔の輪郭にも違和感が。ファンからは『加工してない方がずっと綺麗』『完全に加工失敗』『これじゃ量産された偽美人と変わらん』と不満の声が噴出しました」(芸能ライター)

 加工アプリによって完全に別人と化してしまったのが、タレントの矢口真里。3月20日に自身のインスタグラムでヘアスタイルを変えたことを報告した矢口は、多くの批判を浴びることに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >