2018/05/13 19:00

盗撮、GPS、Twitterのアカウント暴露……SNS全盛の今、風俗嬢が「怖いこと」とは?

 変わった性癖の持ち主や、思わず可愛いと思ってしまう客との触れ合い、意外な真面目さで信頼感溢れるED店長、ベテランの域に達して得たテクニック――フラットで等身大な“風俗嬢あるある”が大きな共感と笑いを呼び、5月17日には第2弾も刊行されるコミックエッセイ『リアル風俗嬢日記〜彼氏の命令でヘルス始めました』(竹書房)。

 風俗業界に足を踏み入れたきっかけとなった「ご主人様」との異質な日々をうかがった前編。後編では、漫画大ヒットにより降りかかった、喜びだけではない“弊害”についてお聞きした。

(前編はこちら:「調教されて風俗入り」は意外と多い? “家畜部屋”で暮らした女性の“リアル”な過去とは)

――入店時は、どんな気持ちでしたか? 不特定多数の男性に裸を見られることなど、抵抗感はありましたか?

Ω子さん(以下、Ω) ご主人様とほかの奴隷との「こいつらもやっているから。な? おまえらやってるんだよな?」「はい」といったやりとりを見せられたあとだったので、風俗嬢になるのは当たり前だと思っていました。実際に、1人目のお客様を相手にしたあとは、「こんなもんなんだ」程度です。「裸を見られて嫌」とか、「好きでもない人と、こういうことをするなんてつらい」という感情はありませんでしたね。そもそも「お金を稼いでご主人様に気に入られよう」という感情だけだったので、“お客様”を見ていなかったんだと思いますが。

――ご主人様との関係を断ち、そうした目的がなくなってからも働き続けていましたが、目的なく働くのはしんどそうです。

Ω 惰性で働いていて、だけどすっぱりと辞めるのも難しかったんですよね。だって、その日勤務すれば、その日のうちにまとまった稼ぎが得られますから。お金が貯まったら辞めようと思っていましたが、店長から講習を受けたあとは劇的に指名が増え、定期的に指名してくれるお客様には愛着が湧き始めました。率直に「今日はうれしかったよ」「気持ちよかったよ」などと言ってくれて、やりがいを感じるようになったんです。そうなると、仕事後の達成感も以前とはまったく違って。指名数やお金で結果がわかりやすく見えるのが、働き続けた動機の1つです。

――仕事の目的や意味を見いだし、プロとして再始動されたんですね。

 近年よく、性風俗業に従事する女性とセットで語られる“誇り”。仕事に対する“誇り”を、ほかの仕事よりも声高に論じがちな業界ではないだろうか。対照的に、「後ろめたさを持たねばならない」という圧力も受けがちだ。しかし、Ω子さんの作風からは、そのどちらも感じられない。こんな描写が象徴的だ。

「風俗嬢だって働く立派な女性であってうんたらかんたら」と高説するお客様に、シコシコと手コキをしながら心ない笑顔で、「うんありがと」とドライに対応する。一方で、下ネタを苦手とする女友達の前では、「ヘルスで働いているなんて死んでも言えない」と固まり、「性の多様化などで風俗も昔よりは偏見が減っているとのことですが やはり友人 親族に言えるような仕事ではありませんからね」と客観的に分析する。

Ω “誇り”を持って風俗をされてる方もいると思いますが、私個人はドライです。それに、「親や友人に言えないような仕事をしている」という自覚はありつつも、別に卑下することもありません。そのあたりもドライですね。だって、差別したり何か言ってくる人がいたとしても、その人は私のすべてを知っているわけじゃないし、私は私で「こう思っているよ」と伝えているだけで、あまり気にしていません。

――「人に言えない」ということで、Ω子さんの職業を知っている友人は、作中に登場する男友達くらいでしょうか。

Ω あとは元・同業者の子と、彼女の友人で偏見がないとわかっている子ら、何人かですね。

――「偏見がない」のはどのようにわかったんですか?

Ω 元同業者の子が、「あの子なら気にしないから大丈夫だよ」と言っていたんです。なので伝えてみると、「あ、そうなんですか」とあっさりしていましたね。

――これだけ有名になると、自ら言わずとも友人に“身バレ”しそうです。

Ω そうですね。絶対にバレるだろうなと思い、連載前、昔から漫画をアップしていたTwitterアカウントを削除しました。でも、それだけじゃ、親しい友人には効きませんでしたね。あるとき、私のプライベートアカウントでつながっている子が、『リアル〜』の単行本の画像を「今日買ったよ」というコメントつきでアップしていたんです。「えっ……!?」と、びっくりしてしまって。その後ひさしぶりに会う機会があったら、「あの漫画、Ω子ちゃんだよね。すごく面白かったよ!」とだけ言われました。それ以上、掘り下げて聞いてくることもなく、それっきりです。今も変わらず仲良くしてくれる、大人な友達に感謝ですね。

 一方で、突然フォローされたアカウントに対し、「なんとなく友人のようなアカウントだな」という勘が働き、つぶやきをチェックしてみると。数日前にΩ子さんと一緒に行ったカフェの画像をアップしており、予感は確信に変わる。彼女のつぶやきは、まるでΩ子さんへの辛辣な“エアリプ”のように思えるものだった。

「一緒にいた友人 絶対風俗嬢だし」

「おかしいと思ってたんだよ」

「ご立派なこと言ってるけど ただの風俗漫画でしょ」

「そうやって一生 周りの友人を騙して生きていけばいいんじゃない?」

――やはり、絵柄でバレてしまったんでしょうか。

Ω そう思います。でも、常々私もボロが出ていたんですよね。夕方から夜中にかけて「仕事が終わった」とツイートし、結果的に夜職の生活サイクルを匂わせるつぶやきをしてしまったり。私は自分の職業に嘘をついて伝えていたので、もしかしたら、しらじらしい嘘をつく私が許せなかったのかもしれません。彼女とはその一件以降、一切かかわりを持っていません。

――作中、彼女のつぶやきを読んだΩ子さんが、「別に犯罪を犯しているわけでもないのになあ」としんどさを吐露する場面が印象的でした。

Ω 彼女のツイートはまるで犯罪者扱いだったので。人に自慢できるような仕事じゃないけど、罪は犯していないし、迷惑もかけていない。私は私でやりがいを感じているだけなのになあ、と。でも、漫画を描いている以上、こういうこともあるかなとは想像していました。ついにきたか……という感じでしたね。

――広告の出現率が半端ではない印象です。話題になり、広告も増えることで、陰ながら肝を冷やしていたんでしょうか。

Ω ヒヤヒヤしましたね。でも、広く読んでいただけた方が、いい。バレたらバレたで仕方ない! と。今お話した2人以外にも、もしかしたら気づいている友人はいるだろうなとは思います。でも何も突っ込まずに付き合ってくれる。すごくありがたいですね。

――Ω子さんの漫画が売れることで、かつてないライトでポップな風俗嬢描写に、「私も風俗嬢になりたい」と憧れる方もいそうです。

Ω 実際、「漫画読んで、楽しそうだから風俗嬢になってみたい」というDMをいただきます。今それが、ちょっと悩みの種でもあるんです。「いや、ちょっと待って!」と言いたいんですよ。

担当編集 最初の頃は意識的に楽しく明るい話の雰囲気にしてもらったので、読者の方々から単純に「風俗って楽しそう!」と思われたのかもしれません。だからか、最近ではときどき重めの話を描いてくださいます。

Ω 「楽しいだけのお仕事」では、絶対にないです。そこは忘れないでほしいです。人に勧めるような仕事ではないと思っているし、「親にも言えないし、離れていってしまう友達もいる。それでも必要だったりやりたいと思う人は、やってもいいと思う。自己責任で」としか言えないですね。

 作中、Ω子さんは「職場にも友人の理解にもとても恵まれている」としているが、それは風俗嬢として「当たり前の環境ではない」と自覚する。だからか、「こんなにきれい事ばかりのはずがない」といった声も届くという。人の捉え方は千差万別だ。離れる友達や家族もいれば、そうでないこともある。風俗で働くことにより「何が起こるのか」にまで想像力を働かせるためには、『リアル〜』は等身大で知ることができる教材にもなりそうだ。

――数字では割りきれないと思いますが、あえて比率にすると、楽しい:つらい、どうでしょうか?

Ω お客様によりけりです。いいお客様だと、楽しい7:つらい3。面倒くさいお客様は、楽しい0:つらい10。だから、トータルで5:5くらいですね。

――嫌な客、というと、作中に登場した帰宅時に待ち伏せる男が浮かびます。

Ω 私は経験はないですが、すごくきれいでサービスも素晴らしく、すぐに予約で埋まってしまう子がいるんですが、彼女は出待ちされていると聞いたことがあります。目的は、「店外デートに誘いたい」とか、「プライベートの姿が見たい」とかだと思いますが、最近はスタッフがいろいろと対策をしているようです。

――スマホの普及による盗撮被害などはいかがでしょうか?

Ω 講習時に指導されて、お客様のカバンは戸棚の戸の裏に置くようにしています。どうしても入らない大きさの場合、体から見えない死角に置いています。

――動きの怪しい客はいませんか?

Ω 一度、スーツケースを持った方がいて、いつも通り戸の裏に置こうとしたら、「いや! いいから、こっちに置いておいて」と怪しいことを言うので、そのときはスーツケースのファスナー部分が埋まるように、さりげなくバスタオルを乗せました。

――あくまでもさりげなく。

Ω 「警戒されている」と思うと、お客様も落ち着かないでしょうしね。

――機転を利かせなければならないことが、本当にたくさんあるんですね! 『リアル〜』は、面白いエピソードだけではなく、そうした数々の体験も昇華されており、「楽しそうだから」と手放しで憧れる読者の方へのブレーキにもなりそうです。

Ω そうした、読者の方に対して「ちょっと待って!」という意識を持ち出したのは、ごく最近です。描き始めた頃は、「とにかく楽しんでもらいたい」という気持ちの比重が大きかったですね。エピソードもすべて描いているわけではなく、面白くなりそうなことを取捨選択してるし、ギャグにもならない嫌な客のことは描いていません。そういうドロドロしたものは、それが得意な人が描いた方が面白いでしょうし、私は笑いながら楽しく読める漫画が好きなんですよね。誇るわけではないし、かといって卑下もしないけど、腫れ物として扱われるのは違う。だから、「こういう世界もあるんだ」「こういう人もいるんだ」とフラットに読んでいただき、楽しんでもらえたらうれしいです。

(文=有山千春)

 

<著者プロフィール> 

Ω子/おまΩ子(おめが・こ/おまおめこ)
電子コミックサイト・めちゃコミックで『リアル風俗嬢日記』を連載中。単行本第2弾『リアル風俗嬢日記〜今日も元気にヌいてます〜』(竹書房)は、5月17日発売。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >