2018/05/14 17:00

30女の可愛いセンスが「汚シンク」を構築!? “色と汚れ”の氾濫を一挙解決する「解決法」 

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30 代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋"を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩001-3】色と文字の洪水…シンク回りが”繁華街の路地裏”のよう? (Aさん・35歳)

 第1回目のクライアント・東京都23区内の2Kに住むAさん(35歳)のお部屋。VOL.3では、シンク回りを片付けていきます。

(VOL.1:流行遅れのルクエ、芽の出たイモ……「モノに支配された」30代女子キッチンの現実)
(VOL.2:30女の“汚キッチン”に宿るは、雑念と虫の気配……心の余裕のなさは、水場に現れていた!?)

 キッチンがどことなく“昭和っぽい”と悩むAさんですが、これは、アパートの築年数が古いからだけではありません。ゴチャゴチャ溢れるモノと「色」が原因です。

 まるで繁華街のネオンのような情報量を感じませんか?


 写真のように、騒がしい印象を与える「色」を排除すると?

 例えば、キッチンはステンレス(銀)や人工大理石(白)を使うことが多いので、この2色(銀と白)をベースカラーと決めるだけで、落ち着いた印象になります。しかも白は、清潔感・神聖・品性などのイメージを持つので、キッチンにぴったりの色。

 最近では、包装を1枚剥がすだけで白ボトルになる商品も多くあります。

 この2色だけではクール過ぎると思うなら、お好みの1色をアクセントカラーとして選んでください。「キッチンに入れる色は、3色まで!」とルールを持つだけで「予定外の買い物」を減らす効果もあります。

  上の写真(ビフォー)をご覧ください。

 シンク周りに散らばるモノと色を整理すると、スッキリ広くみえます。何がどこにあるかもひと目でわかると思います。これで使いやすく、汚れにくくなります。

 窓際に散らかる歯磨きや洗剤なども、各グループにわけてコーナーを作ります。

 ラック上から、①土野菜コーナー、②炊飯器コーナー(100円)、③洗面台&グラスコーナー(200円)、④お菓子コーナー(300円)、⑤掃除道具コーナー(家にあったもの)、⑥ゴミ袋コーナー(100円)、ウォールポケットで目隠し(100円)です。

 ついでに、洗面台のミラーラック(100円)も設置しました。(合計900円/税抜)

 水が飛び散りやすいシンクのため、ラックはサビだらけ……。ラックの上段にあるワイングラスは、割ってばかり……。炊飯器からこぼれたご飯が、ラック下段でゴキブリのエサに……。

 問題だらけのスチールラックも、100円の「プラダン」を2枚置くだけで、機能性の高い収納棚へと生まれ変わります。(合計200円/税抜)

 使うモノは、グループに分けて収納スペースに置きましょう。作業スペースの上には、何も置かないように心がけましょう。これだけで、探しものがなくなり動線もスムーズになります。また、モノを直置きしないほど掃除が楽になります! これで、ゴキブリさんも徘徊する理由が無くなります。

VOL.3のシンクまわりに使用した合計金額は、1,100円(税抜)です。

 

→次回
【VOL.4】キッチンのビフォーアフター(カウンター編)

 

(毎週月曜更新・次回は5月21日予定)

<プロフィール>
ito maki
収納ライター・兼・整理収納アドバイザー。おがくず工場に生まれ、ホテル清掃員、国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出など“家事の土台”を極めた生活を経て、出版社入社ののち独立、現在に至る。モノを手放すほど「幸運」が舞い込むジンクスを何度も体感! 貧乏神と決別した実体験をもって、整理収納の威力をお伝えします。
<Instagramはこちらから>

 

<片付けに悩む[30代・ひとり暮らしの女性]を大募集>

自分のお部屋を片付けたい、都内近郊在住の30代女性を募集。収納ライターのito makiさんが、30代女性・ひとり暮らしの「煩悩部屋」を一掃いたします。URL先の応募要項をご一読の上、ふるってご応募ください!

★応募フォームはこちら★

 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >