2018/05/21 17:00

無秩序に積まれた皿とビール缶……“中年男性”の貫禄漂う30女の棚が“清楚女子”に変貌!

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋"を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩001-4】皿も郵便物も一緒くた……来るもの拒まずの「無秩序ラック」を改心(Aさん・35歳)

 ひきつづき、第1回目のクライアント・東京都23区内の2Kに住むAさん(35歳)のお部屋を片付けていきます。

 写真のように、かなりスッキリしました。

(VOL.1:流行遅れのルクエ、芽の出たイモ……「モノに支配された」30代女子キッチンの現実)
(VOL.2:30女の“汚キッチン”に宿るは、雑念と虫の気配……心の余裕のなさは、水場に現れていた!?)
(VOL.3:30女の可愛いセンスが「汚シンク」を構築!? “色と汚れ”の氾濫を一挙解決する方法)

 

 絵的にはこれがゴールですが、Aさんの暮らしには「使いやすさ」が必要なので、新たに「キッチンカウンター」を設置します。

 Aさんのキッチンには、食器棚がないことに加え「カフェタイムを楽しみたい」という夢があったので、あちこちに散らばっていたコーヒーを煎れるアイテムをひとまとめにして「カフェコーナー」を用意します。また、ゴミ箱もなかったので、「100円で作れるゴミ箱」の作り方をご紹介します。

 目的は、キッチンでの作業が楽になること!


 無秩序にモノが山積みとなっていたレンジラックを排除し、代わりにカラーボックス2つを連結。コーヒーを煎れる時間が楽しくなる「キッチンカウンター」を設置しました。

 カラーボックスを選ぶなら、ニトリのカラーボックス(1,102円/税抜/ライター調べ)をおすすめします。棚板の高さ調節に加え、棚板追加も可能で、暮らしに合わせたカスタマイズができるように作られています。

 カラーボックスの中には、【VOL.3】で問題だった、シンク周りに転がる食器やカフェグッズ、茶葉類のストックを収めました。ペットボトルや缶を分別できるゴミ箱(100円×2/税抜)も設置しています。(合計 2,404円/税抜)

 この先、引っ越しをするかもしれないひとり暮らしに、大きなゴミ箱は不要です。手放す時に、お金と時間がかかるモノだからです。でも、レジ袋をぶら下げているのも生活臭が出て悲しい感じ……。

 そこでおすすめしたいのが、セリアのランドリーバッグです。
 近所のスーパーでいただいたペットボトル用のダンボールは、ランドリーバックにピッタリのサイズ。ダンボールのフチはガムテープで補強しましょう。(合計100円/税抜)

 「キッチンカウンター」と「バッグinゴミ箱」を追加して、機能的なキッチンへと生まれ変わりました。
 ビフォーの写真を見ると、焼酎の瓶やプロテインが散らばっているので“中年男性が住んでいる”ような印象でしたが、白の効果で女性らしさがアップしています。
 「白は汚れやすい」と避ける方も多いのですが、本当は「白は維持しやすい」のです。汚れや不要なモノが目につきやすく、注意を払うように心が働くからです。

 また、暗い部屋を明るく広く見せる効果もあり、清潔感を印象づけてくれます。

 まとめ

 モノを減らせばスッキリしますが、暮らしを楽にするためには「使い心地」を考えなければなりません。料理がしやすいキッチンなら、Aさんの料理好きな長所を伸ばすことができます! また、キッチンにこびりついた汚れを一掃したことで、淀んだ空気も消え去りました。神聖な水回りもピカピカです。

VOL.4 のキッチンカウンターに使用した合計金額は、2,504円(税抜)です。

VOL.1からVOL.4までのキッチン改造にかかった総計は、6,204円(税抜)になります。

★before

★after

 写真(アフター)の右手にある茶色の棚は、大きな下駄箱です。Aさんは、この場所で郵便物の整理やマスクを装着する習慣がありました。これまで何年も築いてきた動線を崩さずに、「散らかりにくいキッチン」へと片付けました。戻す場所がわかれば、掃除が苦手なAさんでも散らかりません。

 収納とダイエットは、よく似ているといわれます。せっかくスリムになっても、リバウンドしたら意味がないと……。
 
 Aさんは、自分の体型管理がしっかりできているので「ずぼら」や「だらしない」が理由ではありません。Aさんは、不得意なだけです。これをきっかけに、片付けの興味が湧き「スッキリしたい」と夢を膨らませていくはずです。

 片付けから2週間後、Aさんに感想を聞きました。


★Aさんのコメント
 モノの場所が決まっているので、すべての作業が楽です。これまでは食器類をカゴに積み上げっぱなしだったので、移動するたびに、何枚のお皿やグラスが割れていたか……。そのたびに、悲しい思いで片付けていました。不潔だけじゃなくて不吉なキッチンでしたね〜。あとは「こんなに食品のストックを持っていたのか!」と自分でもびっくりしました。これを機に、キレイを維持しようと思います。掃除はやっぱり嫌いなので、定期的にシルバーセンターにお願いしようかなって思ってます!

 

 

→次回
【VOL.5】ホコリまみれの収納ラック・ビフォーアフター

(毎週月曜更新・次回は5月28日予定)

<プロフィール>
ito maki
収納ライター・兼・整理収納アドバイザー1級。おがくず工場に生まれ、ホテル清掃員、国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出など“家事の土台”を極めた生活を経て、出版社入社ののち独立、現在に至る。モノを手放すほど「幸運」が舞い込むジンクスを何度も体感! 貧乏神と決別した実体験をもって、整理収納の威力をお伝えします。
<Instagramはこちらから>

 

<片付けに悩む[30代・ひとり暮らしの女性]を大募集>

自分のお部屋を片付けたい、都内近郊在住の30代女性を募集。収納ライターのito makiさんが、30代女性・ひとり暮らしの「煩悩部屋」を一掃いたします。URL先の応募要項をご一読の上、ふるってご応募ください!

★応募フォームはこちら★

 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >