2018/06/04 18:00

和室からアジア風を経て「北欧」へ!? 20代インテリアの残骸に埋まる「30女の混沌デスク」

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋"を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩001-6】ムーミンと熊手が謎コラボする「無国籍デスク」(Aさん・35歳)

 前回に引き続き、第1回目のクライアント・東京都23区内の2Kに住むAさん(35歳)のお悩みポイント「デスク周り」です。

<キッチン編>
(VOL.1:「モノに支配された」30代女子キッチンの現実)
(VOL.2:30女の“汚キッチン”に宿るは、雑念と虫の気配)
(VOL.3:30女の可愛いセンスが「汚シンク」を構築!?)
(VOL.4:“中年男性”の貫禄漂う30女の「駄ラック」)

<リビング編>
(VOL.5:ホコリと“期限切れ”だらけの「不摂生ラック」)

 仕事を自宅ですることも多いAさんですが、増え続ける書類や配線コードで、ちっとも集中できないそう。さり気なく飾っているムーミンの額縁やマグカップが、和室の名残とアジアン雑貨で埋もれています。北欧風にしたいそうですが、「過去に買い揃えた雑貨を、適当に配置していったらこうなりました」とのこと。

 Aさんの希望である、「和室でも北欧風にしたい」「仕事のやる気が出る部屋にしたい」「掃除がしやすいように変えたい」を、すべて叶えていきます。

 Aさんのデスク周りに転がるモノを、すべて出して「必要なモノ」「不必要なモノ」と分けていきます。ここでは必要としない、旅の思い出、アロマグッズ、本や雑誌は別の場所(VOL.5の収納ラックや本棚)へ移動しました。

 増え続ける書類の中には、5年以上前のモノもあります。ここでは、3カ月以内の書類だけ整理しました。過去の書類は、「一時保存箱」へまとめておきます。1年間と期限を決めて、必要としなかった場合は処分することにしました。

 収納グッズを増やすなら「カラーボックス」がおすすめです。大きな家具よりも気楽ですし、融通が利くからです。

 デスク下のデッドスペースに、ホームセンターで購入した「カラーボックス(980円・税抜)」を追加。また、コード類が溢れていたドライヤーやアイロンは、ニトリのゴミ箱(277円・税抜)に。近日必要と思われる資料は、IKEAのファイルボックス(4p/149円・税抜)に。また、Aさんの希望する「北欧風」を意識して、鳥柄のマスキングテープを貼ってみました。

 ここでの合計は 1,406円(税抜)です。

ゴチャつく引き出しの中は、小箱で仕切れば作業効率がアップ!


 無造作に放り込まれた資料や、関係のないモノを移動。家にあった、お菓子の焼き型や空き箱を活用してモノを種類別に仕切ります。

 デスク上には、デンマーク発のソストレーネ・グレーネの木製引き出し(1,230円/ライター私物・参考価格)をディスプレイしました。シックな色味の北欧風インテリアを、プチプラで叶える生活雑貨店です。

 

【ワンポイント】ホコリが絡みつくコード類の片付け方


 ホコリが絡まりやすく、見映えもアウトなコード類は、100円ショップの商品でも活用できます。

 箱のサイドに取っ手(穴)が空いているボックスを選びましょう。VOL.4で使用した、100円(税抜)のスクエアボックスをここでは使用しました。余ったコードを隠しながらスッキリと片付けることができます。ホコリが溜まる心配もないので、これで掃除も簡単に!

【ワンポイント】北欧風を出すなら「マスキングテープ」のプチDIY!


 賃貸にありがちな「和室の名残」を払拭するなら、マスキングテープがおすすめ。撤去時の原状回復や処分費用を考えて、DIYはプチレベルに留めましょう。

 Aさんの夢「北欧風」に近づけるため、鴨居の10mm幅に合わせて、白いマスキングテープを貼りました。小鳥柄の模様もアクセントになります。(※すべてライター私物)

【ワンポイント】部屋のライトアップも、100円ショップで叶う


 部屋の片隅に光を照らすだけで、温かみを演出できます。例えば、セリアで購入できるLEDペンダントライト(100円・税抜)やLEDミニタッチライト(100円・税抜)がおすすめです。使う時に、ポンと押すだけで灯りが広がります。コード式に比べて電池代はかかりますが、ライトアップテクニックの勘が磨かれます。


 Aさんが「いつか……」と思っていた、無印良品の「壁に付けられる家具」を取り付けて、「ムーミンの額縁」と造花グリーン(100円・税抜)を設置。また、フィンランドで買ってきたというトナカイの毛皮もお目見えです!

 ビフォーでは、和室の名残である「鴨居」に、柄のバッグや謎の葉っぱを掛けていました。「鴨居」は、吊るし収納に便利な反面「アジア感」が漂います。この問題は、白のマスキングテープを貼るだけで、改善できました。

 Aさんの目標「北欧風」の完成です。床や机の上にモノを置かなければ、驚くほど掃除が簡単になります。

 

 VOL.6の「デスク周り」に使用した金額は、合計1,606円(すべて税抜)です。

 

→次回
【VOL.7】リビングのビフォーアフター(テレビ周り編)

(毎週月曜更新・次回は6月11日予定)

<プロフィール>
ito maki
収納ライター・兼・整理収納アドバイザー1級。おがくず工場に生まれ、ホテル清掃員、国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出など“家事の土台”を極めた生活を経て、出版社入社ののち独立、現在に至る。モノを手放すほど「幸運」が舞い込むジンクスを何度も体感! 貧乏神と決別した実体験をもって、整理収納の威力をお伝えします。
<Instagramはこちらから>

 

<片付けに悩む[30代・ひとり暮らしの女性]を大募集>

自分のお部屋を片付けたい、都内近郊在住の30代女性を募集。収納ライターのito makiさんが、30代女性・ひとり暮らしの「煩悩部屋」を一掃いたします。URL先の応募要項をご一読の上、ふるってご応募ください!

★応募フォームはこちら★

 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >