2018/06/18 17:00

漫画、アニメ……2次元にハマってゴミだらけ! ヲタ活に時間を“全振り”する30女の汚部屋

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋"を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩002-1】ヲタ活にハマって片付かない! 2次元に没入する30代女性の部屋(Cさん・34歳)

 

 第2回目のクライアントは、東京の新宿区に住む女性Cさん(34歳)のお部屋です。独身・ひとり暮らし、75,000円の1DKアパートに4年ほどお住まいです。

 筆者は、これまで整理収納アドバイザーとして多くのお宅を訪問してきましたが、クライアント様の多くは、「片付けると考えただけで、動きが止まってしまう」「この後どうしたらいいか、わからない」と悩んでいました。

 ですが、今回のCさんは、一緒に作業をしていく中で、もっとも「効率の良さ」に驚かされたクライアント様になります。それもそのはず、Cさんの職業は家庭科の先生! 家事を教える仕事ですから、基本的な知識は備わっていて当然だったのです。

 でも……?

 この汚部屋です。

 なぜ、汚部屋になってしまったのでしょう? 実はできるはずなのに、できない女性が抱える問題は、どこにあるのでしょうか。

① 仕事と趣味で忙しく、家のことを気にかける時間がない
② 整理収納の効果やインテリアについて、興味がなかった
③ やればできるからこそ、後回しにして膨らんだ

 Cさんの場合は、大きく分けて上記の3つ。「帰宅するのは午後9~10時頃で、そのまま、大好きな2次元の世界へ飛び込んでしまう」とのこと。

 仕事が忙しく、在宅時間も少ない。週末はイベントなどの外出が多い。飲食街が近いので、外食も多い……。これ、2次元がどうのとかではなく、働くアラサー女性にとって「あるあるな悩み」ではないでしょうか?

 1DKの部屋に女性3人がいるだけで、空気がモワッと霧のようにかすみます。

 「なんか空気が重い」「悪いモノが憑いてる気がします……」筆者と担当編集者のAさんは、この空気に“邪気”を感じていました。

 空気が淀んでいる原因は、どこにあるのでしょうか。

 家具の裏や、部屋の隅を確認すると、湿気によるカビが発生していました。(思わず掃除してしまいました)


 引き出しの中には、虫の糞らしき残骸が見えます。飲食街に住んでいるため、ゴキブリが多いのかもしれません。

 このレベルになると、目標までの道のりが遠いため、毎日片付けてもすぐ挫折してしまいがちです。そのため、気合を入れて「一気に片付ける日」を用意する必要があります。

 Cさんのお部屋の場合、2人で「丸2日」使って片付けました。1日目は、大掃除と処分品の選定です。2日目に、グループに分別したモノを収納していきます。

 また、湿気剤などの処理をしていないため部屋の「隅」や「裏」にホコリとカビが発生しているので、空気の入れ替えと除湿を徹底的に行います。

 次回から、部屋をコーナー別に分類し「悩み」と「目標」をまとめていきます!

 
(毎週月曜更新・次回は6月25日予定)

<バックナンバーはこちらから>
30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフター

<プロフィール>
ito maki
収納ライター・兼・整理収納アドバイザー1級。おがくず工場に生まれ、ホテル清掃員、国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出など“家事の土台”を極めた生活を経て、出版社入社ののち独立、現在に至る。モノを手放すほど「幸運」が舞い込むジンクスを何度も体感! 貧乏神と決別した実体験をもって、整理収納の威力をお伝えします。
<Instagramはこちらから>

 

<片付けに悩む[30代・ひとり暮らしの女性]を大募集>

自分のお部屋を片付けたい、都内近郊在住の30代女性を募集。収納ライターのito makiさんが、30代女性・ひとり暮らしの「煩悩部屋」を一掃いたします。URL先の応募要項をご一読の上、ふるってご応募ください!

★応募フォームはこちら★

 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >