2017/06/04 13:00

有村架純が関係者に懇願?姉・藍里が自由奔放に活動できるワケ

 有村架純(24)主演・朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)第50話の平均視聴率が、同ドラマ過去最低となる17.5%だったことが分かった。有村の出世作となった2013年の『あまちゃん』以降、好調をキープしていた同ドラマ枠だが、『ひよっこ』は4年ぶりに初回放送20%割れとなるなど低迷。翌日の放送では18.7%とやや盛り返していたが、放送1ヶ月を経て20%越えはわずか3回のみと苦戦が続いている。

 同作は、東京五輪が開催された1964年の日本が舞台となっており、有村は茨城県の農家から上京するヒロイン役を演じている。有村の演技に対して以前と変わらず評価が高いが、問題はドラマの展開にあるのではないかという声がある。

「「ひよっこ』もそうですが、昔の日本を舞台に主人公が成長していくストーリーが最近の朝ドラの既定路線となっている弊害では。こうした昭和設定が視聴者から飽きられているのが現実でしょう。また、『ひよっこ』は完全にストーリーが中だるみしていて、低視聴率を問われる有村には同情する見方が多い」(スポーツ紙記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >