2017/06/07 08:38

木村拓哉が海外進出に活路?不安視される”チョイ役俳優”の悪夢

 木村拓哉(44)の主演映画『無限の住人』が1日、海外での上映が決定したと報じられた。上映国はアメリカ、オーストラリア、ドイツをはじめ、イギリス、オーストリア、スイス、ニュージーランドと多数の国名があがっている。本作は先月開催されたカンヌ国際映画祭の特別招待作品となる「アウト・オブ・コンペティション部門」に選出されていた。現地で報道関係者向けに上映されたスクリーンでは、450人の席を満席にし、公式の上映でも2300席をやはり満席にしたという。

 現地観客からの評判も上々で、木村本人も得意の英語を駆使し、記者のさまざまな質問に応えていたようだ。昨年のSMAPの解散を知っている記者からは、「さびしくないの?」と聞かれる一幕もあったようだが、「事実は事実として受け止めている」ときっちりコメントしていたという。

 海外において今後注目が高まりそうな本作だが、日本国内での興行成績は惨敗と評価されている。木村にとってはSMAP解散後初の映画出演作として積極的なPR活動にも励んだが、観客動員の伸び悩みが絶えず報じられてきた。このような状況において、木村自身も不安と不満が入り混じっているようだと関係者は語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >