2017/06/10 19:05

朝ドラ病で演技不振?『小さな巨人』芳根京子に大ブーイングのワケ

 シンデレラのおとぎ話は、もう賞味期限切れか。ドラマ『小さな巨人』(TBS系)に出演中の女優・芳根京子(20)が視聴者から不評を受けている。出演作増加が見込まれる中、ゴリ押し女優のレッテルを貼られる瀬戸際を迎えている。

 NHKの朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインをつとめた芳根。一時はギラン・バレー症候群という難病を患った過去が注目されたが、半年間の放送を無事完走した。

 今春は、『小さな巨人』に新人刑事・三島裕里役で出演中だ。前半こそ出番が少なかったものの、後半の豊洲署編では尊敬する刑事・香坂真一郎(長谷川博己・40)の下へ異動。露出を大幅に増やし、時にポカをしでかす新人刑事を熱演している。

■『小さな巨人』の演技に視聴者が「本気で邪魔」とイライラ

 だが女性の視聴者を中心に不満の声が噴出。「本気で邪魔」「空回り」「嫌い」「三島本当にいらない。芳根さんの熱っぽい演技が更にアレルギーを倍増させてる」と評判が悪い。一体何が原因なのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >