2017/06/22 11:50

テレ朝で女子アナ退職ラッシュ?必ずしも円満ではない不穏な背景

 今月11日、テレビ朝日の宇佐美佑果アナウンサー(29)が、年内で同局を退社することがわかった。報道によると、宇佐美佑果アナは新しい可能性を広げるため、海外留学の準備を行うという。宇佐美佑果アナは2012年に入社。現在は『林修の今でしょ!講座』『TOKYO応援宣言』(ともにテレビ朝日系、以下同)の進行役を担当している。

 また今月7日にも、同局の青山愛アナウンサー(28)も米国に留学することを理由に、7月いっぱいで退社することが発表されている。青山はこれまで『報道ステーション』や3月に終了した『マツコ&有吉の怒り新党』のアシスタントとして出演していた。

 相次ぐ女子アナウンサーの退職ラッシュだが、この波は他局でも見られているようだ。日本テレビの小熊美香アナウンサー(31)は、12月で退社することを今月3日に発表。担当番組であった『ZIP!』(日本テレビ系)は、3月をもって卒業している。小熊は現在妊娠中で、育児への専念を理由としている。さらに先月末には、テレビ東京の紺野あさ美アナウンサー(30)が退社。紺野は元日にプロ野球・ヤクルトの杉浦稔大(25)と結婚しており、家庭を優先するという理由として退社を発表していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン