2017/06/23 11:45

NHKがスタダを忖度?永野芽郁の朝ドラヒロイン決定に大ブーイング

 NHKの大作出演は、スターダストプロモーションに所属するのが近道なのかーー。6月20日、女優の永野芽郁(17)が2018年春放送のNHK連続ドラマ小説『半分、青い。』でヒロインをつとめることが発表された。元子役で好感度が高いことで知られる永野だが、ここのところNHKの大河ドラマや朝ドラにスターダスト所属の女優が相次いで起用されており、視聴者の間で”ゴリ押し”を疑う高まっている。

 98作目となる同作で永野が演じるヒロインは、楡野鈴愛(にれの・すずめ)。幼少時代に左耳が聞こえなくなり、岐阜県から上京するも様々な苦難を経験しながら生きていく。葵わかな(18)主演の2017年度下半期の97作目『わろてんか』に続いて放送される予定だ。

■なぜスターダストばかりがNHKに起用される?

 永野は今回、約2300人の応募者の中からオーディションを勝ち抜いてヒロインの座を射止めた。制作スタッフが集まる会議室に呼び出され、「もう1回面接と聞いていて、本読みの本を開いたら『ヒロインはあなたです』と書かれていて」と驚き、感極まって涙を流したという。しかし、こんなシンデレラストーリーにはこんなこんな見方もある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >