2017/06/27 08:25

小出恵介の代役志願?木村拓哉が立候補した“お蔵入りドラマ”

 木村拓哉(44)が配信中止となったドラマの代役に自ら志願していたという。それは、ジミー大西(53)が明石家さんま(61)と出会い、売れっ子芸人へと成長していく姿を描いたコメディドラマ『Jimmy ~アホみたいなホンマの話~』。動画配信サービス Netflixのオリジナルドラマで全8話(1話50分)。7月7日から全世界190か国で配信される予定だった。しかしさる6月8日、明石家さんま役を務めた小出恵介(33)の淫行問題が発覚。それに伴い、ドラマの配信中止も決定した。

 少女の告発によって小出はCM契約の終了やドラマ放送中止、降板など相次ぎ、一連の騒動で発生した損害賠償額は10億円に及ぶとも。『Jimmy』はNetflixがさんま側にオファーして実現した期待の作品だった。

「Netflixでこの企画が持ち上がったのは2015年のこと。つまりそれから足掛け2年の歳月をかけて作られた作品。それだけに関係者は『Jimmy』のお蔵入りは避けたかったはず。放送時期を遅らせて放送することはできないか協議されています」(スポーツ紙記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >