2017/06/27 12:20

高畑淳子に”裕太の復帰画策”で親バカ批判?二世タレントの裏事情

 “オトナの土ドラ”枠として6月3日よりスタートしたドラマ『屋根裏の恋人』(フジテレビ系)での、高畑淳子(62)の役どころが話題を集めている。石田ひかり(45)演じる主人公の夫の実家に元カレが潜んでいるという、昼ドラらしいドロドロの展開が売りで、淳子はその中で息子を溺愛するベリーダンスの講師役を演じている。

 本格派女優として、これまではドラマでの大きな露出は避けていたのだが、62歳にしてヘソ出しの衣装でベリーダンスに挑む役どころは、大きな覚悟の表れともいえる。昨年8月に長男の高畑裕太(23)が強姦致傷容疑で逮捕されて以来、連ドラ復帰となる今作だが、自身の姿とも重なる役どころを演じているとあって、裕太を今後も支えていくという母としての強い決意も感じられるようだ。

 昨年8月に、裕太が騒動を起こしてから10ヶ月あまりが過ぎた。事件後約1ヶ月で被害者とは示談が成立し、裕太は不起訴処分となったもののその後は散々。所属事務所とのマネジメント契約は解除され、実質芸能活動は休止状態に。事件直後はしばらく自宅に引きこもっており、精神的にも不安定で、自暴自棄になることもあったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >