2017/07/02 11:50

渡辺謙が不倫で大ダメージ?釈明会見開かず大河出演で株価急落

「カッコ悪い」の一言に尽きる。俳優の渡辺謙(57)が、大河ドラマ『西郷どん』(NHK)で薩摩藩藩主・島津斉彬を演じることが6月27日に発表された。しかし「きっちり話をさせてもらいます」と宣言した不倫スキャンダルに関する会見は3ヶ月経った今も開かれず、マスコミやファンから槍玉に挙げられている。

■約束の会見、今だ開かれず ファンも非難「小さい男」

 ハリウッドを舞台に世界知名度を誇る渡辺。そんな渡辺が今、窮地に立たされている。

 渡辺のスキャンダルの発端は、今年4月のこと。『週刊文春』(文藝春秋)が21歳年下の女性との海外不倫をスッパ抜かれて騒動になった。厳戒態勢を敷いて海外から帰国した渡辺は『週刊文春』の突撃取材に対し、「後日、きっちり話をさせてもらいます」と宣言した。

 報道陣の前で堂々と説明するかに見られたが、約3ヶ月が経過した今も渡辺サイドが会見を開く気配はない。

「おまけに妻の南果歩(53)は乳がんが発覚し、手術を敢行した身。そんな妻がいながら不貞行為を働いたと見なされ、国内の評判はガタ落ち。娘の杏(31)にもそっぽを向かれたともっぱら。おまけに約束した会見を開かないとなれば、たとえ事務所やスポンサーの都合があるにしても、男らしくなくてカッコ悪い。今までのダンディーなイメージが丸つぶれ」(報道関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >