2017/07/05 08:45

木村拓哉の凋落が鮮明に?嵐・大野智『忍びの国』好調が波紋

 先輩の面子が丸潰れ? 7月4日、嵐・大野智(36)の主演映画『忍びの国』(7月1日公開)が、全国週末興行成績(興行通信社調べ)で初週2位に入ったことが判明した。同じ時代劇映画の『無限の住人』が爆死しただけに、主演の先輩・木村拓哉(44)の不人気をあらためて露呈した格好だ。大野や石原さとみ(30)、鈴木亮平(34)を擁した『忍びの国』。大野が伊賀忍者の無門に扮し、アクロバティックな演技を披露して話題になっている。

 全国週末興行成績は、ジョニー・デップ(54)主演の最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』にこそ1位の座を譲ったものの公開初週で2位に食い込み、国内映画としてはトップに。興行収入は4億8500万円、土日2日間で約40万4500人の観客動員数を記録し、最終興行収入は「20億円以上も狙える上々のスタート」(報道関係者)ともっぱらだ。

■嵐・大野智の主演映画が好調…興行収入は木村映画の2倍強

 一方、先輩の木村が主演を飾った『無限の住人』(4月29日公開)は観客動員数が14万5000人、興行収入が1億8900万円弱で初週6位。同じ時代劇ながら、後輩に見事に差をつけられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >