2017/07/13 11:45

武井咲の役不足は否めない?『黒革の手帖』新ドラマに手厳しい声

 女優の武井咲(23)が7月10日、連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の制作発表会見に登場し、「腹をくくって取り組んでます」などと意気込み、決意を新たにした。しかし同作の主人公・原口元子を弱冠23歳で演じることに、巷で「ミスキャスト」「迫力不足なんじゃない?」と早くも不安まじりの意見が噴出している。

『黒川の手帖』は、銀行から1億8千万円を横領した悪女・原口元子が、その金と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、銀座でクラブを立ち上げるストーリー。夜の銀座にひしめく数々の悪人たちと壮絶な闘いを繰り広げる。武井は、幾度となく映像化されている本作において、元子を演じる最年少女優となる。また武井にとって初めての悪女役となる。

■悪女やるには貫禄不足?「ミスキャスト」の声

 そんな武井は、制作発表に白い艶やかな着物で登場し、「腹をくくって取り組んでいます」と早くも威厳タップリにコメント。銀座の高級クラブのママの元へ“お勉強”をしに行ったエピソードも明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >