2017/07/15 09:00

TOKIO長瀬智也のドラマが爆死?アラフォー”草なぎ剛枠”の難しさ

 TOKIO・長瀬智也(38)主演ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の視聴率が初回9.8%と2桁に届かなかった。前クール『小さな巨人』の初回は13.7%だったことを考えると、かなり物足りない結果といえる。対して裏番組のフジテレビ系ドラマ『警視庁いきもの係』は8.9%。TBSには劣るが、今まで低視聴率で散々だったフジドラマが、日曜21時ドラマの王者TBSに肉薄している。

 久々のドラマ主演が残念なスタートとなった長瀬。しかしこの後も、映画『空飛ぶタイヤ』の主演が決定しており、ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)の続編の話もある。2013年以降、ドラマ主演がなかった長瀬が立て続けにスケジュールが埋まるようになった背景には何があったのか。

「元SMAPの3人、香取慎吾(40)、草なぎ剛(43)、稲垣吾郎(43)が事務所を退所することでジャニーズ内で大きな変化が起きている。3人は俳優経験が豊富でアラフォー男性を演じられる貴重な存在だった。とくに草なぎの不在は大きく、白羽の矢が立ったのが長瀬だったということ。実年齢もアラフォーで、『長瀬のドラマは鉄板』と根強いファンも多かった。今回も大きな期待を背負っていたのですが……」(スポーツ紙記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >