2017/07/15 16:00

高畑充希『過保護のカホコ』11.6%の好発進も主人公の設定に難あり

 高畑充希(25)が主演する『過保護のカホコ』。12日に放送された初回平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。

 物語の主人公は、母(黒木瞳)と父(時任三郎)に過保護に育てられた“純粋培養”の女子大生、加穂子(高畑充希)。中でも、母親は自分の意見や行動こそが加穂子を守るための“絶対正義”という思考の持ち主のようで、何をするにも口を出しているようだ。そのせいで、加穂子は自分の意見を持たずに就職先も見つからないまま。しかし一方で、愛情を十分に注いでもらっているためか、就活で落とされたとしても能天気に生活できるような、朗らかな性格を手にしているようだった。

 そんな時に目の前に現れたのが、加穂子と同じ大学に通い画家を目指している麦野初(竹内涼真)。加穂子とは真逆の苦学生で、のんきに母親手作りの弁当を食べている加穂子に対し、「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ!」「お前は何のために働くんだ?」という辛辣な意見を呈していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >