2017/07/19 06:00

ジャスティン・ビーバー、運転中の携帯電話の使用で警察に御用

  ジャスティン・ビーバー(23)が15日(土)運転中の携帯電話の使用で警察にお世話になったようだ。警察関係者らがTMZに語ったところによると、ジャスティンはビバリーヒルズにおいてメルセデス・ベンツ・Gクラス・ワゴンを運転中、携帯電話を使用しているところを巡査官に見つかり車を停止させられたとのことだ。

 その時点で電話をしていたのかメールを打っていたのかは不明だとのことだが、ジャスティンは落ち着いていて協力的で、特に争いもなくチケットを受け取ったという。ちなみに、ビバリーヒルズでの運転中の携帯使用の罰金チケットは平均162ドル(約1万8000円)といわれている。この出来事の1か月前にジャスティンが道を外さないことを誓い、二度と警察のお世話にはならないと明言していたばかりだった。

 2014年にマイアミビーチでランボルギーニに乗って友人らとドラッグレースを繰り広げていたジャスティンは当時、飲酒および麻薬の影響下の運転(DUI)、公務執行妨害、免停処分期間中の運転の容疑で逮捕されている。ジャスティンは先月、その事件の逮捕後に警察によって撮影された人物写真をインスタグラムに投稿し「豚箱はろくなところじゃない、楽しくない、2度としない」とキャプションをつけていたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >