2017/07/18 19:00

山下智久『コード・ブルー』16.3%の好調スタートも意外な”不安要素”

 “山P”こと山下智久(32)主演の月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の第一話が30分拡大で7月17日に放送され、初回平均視聴率16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。「爆死枠」となっていた月9ドラマで久々となる文句なしの高視聴率をマークし、フジテレビ復活ののろしとなるのではないかと期待を集めている。だがその裏側では、ある不安要素がささやかれているようだ。

■高視聴率スタートの山Pドラマに意外な不安要素?

 同作は山下の代表作となった人気ドラマシリーズの7年ぶりの続編。緊急医療現場に「ドクターヘリ」で駆けつけるフライト・ドクターたちの活躍を描くシリーズとなっており、山下をはじめ、新垣結衣(29)や戸田恵梨香(28)ら主要キャストが再集結している。

 ここ最近の「月9ドラマ」は毎回のように史上最低視聴率を更新し、前クールでフジテレビが“勝負作”として期待していた嵐・相葉雅紀(34)主演の『貴族探偵』ですら初回平均視聴率11.8%、全話平均8.6%で惨敗となっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >