2017/07/20 22:00

マーク・ラファロ、『ハルク』単独映画の妨げとユニバーサルを猛批判

 マーク・ラファロ(49)がハルクの単独映画を製作できない理由はユニバーサル・ピクチャーにあると非難している。マーベル・シネマティック・ユニバースでハルクことブルース・バナー役を演じているマークは、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でも再演しているが、ハルク自身が主人公となったマーベル・シネマティック・ユニバースの映画はなく、エドワード・ノートンが主役を務めた2008年公開のファースト・ウェーブ社による『インクレディブル・ハルク』のみとなっている。

 このことについてマークは、ユニバーサルがハルクをテーマにした新作の版権を所有していることが原因になっていると批判した。カリフォルニアで行われたディズニー・D23・エキスポにて、マークはこう語った。

「今日は1つだけはっきりさせたいんだ。『ハルク』の単独作品は決して実現しないっていうことをね。ユニバーサル・ピクチャーが権利を持っているんだけど、どういう理由だかで、マーベルとうまく折り合いをつける方法が分からないんだよ。彼らはお金儲けに興味がないのさ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >