2017/07/27 21:00

松居一代、船越サイドが地裁に訴えも平然「さあ何年闘いましょうか」

 夫で俳優の船越英一郎(57)と泥沼離婚劇を繰り広げている松居一代(60)が、新たに更新したブログで改めて決意表明をしていると話題になっている。SNSを通じて毎日、過激な告発を行うなどメディアも注目のこの騒動。松居が新たな決意表明をアピールしたことで、さらなる混乱を予感させている。

 松居は26日朝に「こっちは、100才まで戦えますぞ」というタイトルでブログを投稿。前夫の借金を背負ったことやその苦労を語り、自身が肩代わりした借金を前夫に請求していないこと、その理由を「前夫の、ご家族に幸せになって…もらいたいからです」とした。しかし松居いわく前夫の家族は、「週刊誌に、ペラペラ私のことを喋られている様子」であるといい、「私のそんな気持ちがおわかりかしら…」と疑問を呈し、現在は松居の弁護士が、前夫の法定相続人、つまり遺族に対して請求の手続きをしていると報告した。

 また、松居はこうした話題の余談として、芸能人が執筆・出版する本にはゴーストライターがいること、船越が出版した本にもゴーストライターがいたことを明かし、船越に対するネガティブキャンペーンすることも忘れなかった。一方の船越サイドもこの日、大きな動きを見せている。船越の所属事務所ホリプロは同日、松居に名誉を傷つけられたなどとして、同社と船越への業務妨害及び名誉毀損行為の差し止めを求める仮処分を東京地方裁判所に申し立て、受理されことを発表した。

 そうした反撃を知ってか知らずか松居は、「苦しい闘いを、乗り切ってきた、私です。その、私が、今回は命を、懸けています」「さあ…何年…闘いましょうか!? あたしは、100歳まで戦えますよ 元気もりもりですからね」とブログを締めくくり、徹底的に戦う姿勢を見せるなど混迷は深まっている。

文・内村塩次郎

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >