2017/07/29 11:56

海老蔵を献身的に支える小林麻耶に危惧?関係者が抱える”懸念材料”

 今月27日、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)と長男の勸玄くん(4)が出演していた舞台・『七月大歌舞伎』が千秋楽を迎えた。この公演は海老蔵の妻である小林麻央さん(享年34)が亡くなった先月22日直後に開始され、勸玄くんは夜の部にあたる「駄右衛門花御所異聞」に出演。休演日を除いた24日間市川海老蔵と宙乗りをこなした。勸玄くんの宙乗りは、歌舞伎役者のなかでも史上最年少となる。

 千秋楽の朝、海老蔵はブログを更新しており、勸玄くんに「よくやったなあと一回だよ」とエールを送った。また「でもね、これから君のドラマが始まるんだよ。と全て終わってから伝えようと思います」と綴り、千秋楽は終わりの始まりであることを伝える決意を述べている。また海老蔵は自身が若い頃、千秋楽は終わりだと思って失敗を積み重ねたことを踏まえ、息子や娘にも自分が感じたことを伝えたいと父親の心情を記していた。

「無事に千秋楽を終え、海老蔵自身も感慨深いようです。とくに麻央さんが亡くなった直後で、悲しみが癒えないまま公演が始まったので、無事に乗り切れたことには安堵しているのではないでしょうか。海老蔵にとっては、とても印象的な公演となったことでしょう」(芸能記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >