2017/08/02 08:05

小林麻央さんを失った市川海老蔵を陰ながら支える”旧知の友”とは?

 今月29日、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が長野県の志賀高原で行われた植樹プロジェクト『ABMORI 2017』に参加し、乳がん患者を救うための基金を設立することを明らかにした。

 この基金は、先月22日に死去した妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の意思を受け継いだもので、乳がんで苦しむ人やその家族に希望を届け、早期発見の啓蒙活動にも役立てたいということのようだ。

 また海老蔵は「彼女(麻央)自身は、自分が元気になったら同じような病気と闘っている人の力になりたいという思いがあった。そういうものが麻央の思いとしてできればいいな」とコメントしており、麻央さんの思いを引き継いでいく自らの意思についても語っている。

「今回は、長女の麗禾ちゃん(6)と長男の勸玄君(4)も参加していました。海老蔵もコメントで『まだまだ寂しさを拭いきれていない』と、麻央さんを恋しがる子どもたちの様子も語っていましたが、勸玄君が役者として『七月大歌舞伎』に出演し、親子での宙乗りに挑戦するなどして明るい話題を呼びました。麻央さんの月命日を先日終えたばかりですが、家族三人でまだまだ乗り越えなければならないことはたくさんあるでしょうね」(芸能記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >