2017/08/05 11:00

武井咲『黒革の手帖』演技力のなさが露呈か?第3話で視聴率急落10.9%

 武井咲(23)主演のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)第3話の平均視聴率が10.9%だったことが分かった。初回から好スタートを切り、第2話ではさらにそれを上回る視聴率をたたき出したのも束の間、1.4ポイントも視聴率が下がってしまった原因は、主演の武井に原因がありそうだ。

 もともと今作品は、松本清張の長編小説『黒革の手帖』を原作としドラマでは5回目となるリメイク作品。また、主演の武井が“初”の悪女役を演じるとあって注目を集めていたドラマだ。そのため、前回までは「意外に悪役もイケる」という声も多く、武井の出世作品になるとの期待も高まっていた。

 しかし前回までは、イイと感じていた「上品さの中にある冷静沈着で腹黒い」悪女という演技も、実はただ演技力がないだけということが分かってしまった。思い起こせば、前回出演していた『貴族探偵』もその前の出演作『せいせいするほど、愛してる』も、悪女ではないものの武井は上品な女性を演じてきている。比べてみれば分かるが、どの作品でも話し方は全く同じ、まとっている雰囲気さえも同じだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >