2017/08/06 12:00

真木よう子『セシルのもくろみ』第4話で加速止まらず最低更新4.4%

 真木よう子(34)が主演を務める『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)第4回が8月3日に放送され、平均視聴率4.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。初回から低視聴率を記録している今作品だが、視聴率好調の裏番組『黒革の手帖』(テレビ朝日系)に押されたこともあり、前回より0.4%ダウン。ワースト記録を更新してしまった。

 第4話では、読者モデルの葵(佐藤江梨子)が、専属モデルに決定するところから始まる。初回から奈央(真木よう子)と江里(伊藤歩)が目指していた夢が、簡単に奪われてしまい、前回から始まった急展開の連続は止まらない。しかし、葵は副編集長の石田(眞島秀和)との不倫が発覚し、あっけなく契約解除に。不倫の証拠写真を編集長・南城(リリー・フランキー)に見せた洵子は、もくろみ通り副編集長を蹴落とし、自身が副編集長代理に昇格するのだった。

 さらに、契約解除されてやけになった葵と、葵の代わりに昇格した萌子(藤澤恵麻)の激しい罵り合いや、モデルとして確実に成長している奈央の姿など、見どころは満載。十分細いのにダイエットを続けたり、ちっともファッションセンスが良くならなかったりする奈央には違和感を覚えるものの、飽きずに見ていられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >