2017/08/11 07:57

俺の面倒を見ないなら…乙武洋匡の元妻が耳を疑ったモラハラ暴言の数々

 著書『五体不満足』が大ベストセラーとなり、一躍脚光を浴びた乙武洋匡(41)が、法廷で裁かれる立場となる。生まれつき両手足のない先天性四肢切断を乗り越えたヒーローから一転、5人不倫という不貞行為を犯し、昨年9月に離婚の憂き目に遭った乙武洋匡が、8月に入って、元妻から慰謝料を求める民事訴訟を起こされたのだ。

 その原因として『週刊新潮』(新潮社)は、乙武がテレビ出演した際の心ない発言に起因していることを報じている。

「乙武は昨年11月、不倫騒動後初めて『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演しました。騒動の弁明として、不倫は妻も承知していたが、騒動が余りにも大きくなり過ぎ、妻が3人の子供を守るために離婚に至ったと述べました。『新潮』の報道では、乙武が自身の行為に反省しないどころか、妻の独断で離婚に至ったような発言が妻を傷つけ、提訴に至ったと指摘しています」(週刊誌記者)

 元妻としても提訴は本意ではなかったはずだ。昨年3月に『週刊新潮』に乙武の不倫が報じられた後も、夫婦連名での異例の謝罪文を発表。翌4月の乙武の誕生日パーティーでは、何の落ち度もない“被害者”であるのにも関わらず、参列者に夫婦としての再起を誓っていたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >

おすすめキャンペーン