2017/08/17 11:45

芦田愛菜が子役から作家に?年間300冊の読書で身に着けた”処世術”

 中学生として初めての夏休みを迎えているタレント・芦田愛菜(13)の読書量が半端ではない。『週刊新潮』(新潮社)が報じたところでは、その年間読書量は300冊にも上るというから驚く。小学生時代にも年60冊は読破していたといい、この夏も多忙な仕事の合間を縫って読書浸りであることは想像に難くない。

「芦田は銀行員の父親の影響で幼いころから本が好き。読書で培った国語力が実を結び、女子の中学受験では最高峰とも呼ばれる超難関校に合格しました」(週刊誌記者)

 芦田の好きな本は、乙武洋匡氏(41)の『五体不満足』(講談社)や赤川次郎の『セーラー服と機関銃』(主婦と生活者)、『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(講談社)などバラエティに富み、博識に磨きをかけているようだ。

「芸人で芥川賞作家の又吉直樹(37)とテレビ番組で共演した際、作家志望であることを明かし、『起承転結の転が思い浮かばなくて起承承結になってしまうんです』と相談しています。又吉もあまりの意識の高さに絶句するほかなかったです」(芸能誌記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >