2017/08/16 16:11

武井咲『黒革の手帖』実力派俳優が揃うも時代錯誤な空気で微減10.7%

 女優の武井咲(23)が主演する『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の第4話が11日に放送され、前週から0.2ポイント下げて平均視聴率は10.7%だったことが分かった。

 銀座のママとしてのし上がっていく物語を描いている『黒革の手帖』。第4話では、元子(武井咲)に男女の関係を迫る予備校理事長・橋田常雄(高嶋政伸)との間で攻防戦が繰り広げられた。

 政財界のフィクサー・長谷川(伊東四朗)から、料亭「梅村」を買わないかという話をもちかけられていた橋田は、気乗りしない様子だったが、裏工作をしてすぐに売却することで利益を得られるとうまく丸め込まれ、後日元子とともに一度訪れることに。もともと元子に気のある橋田は、なんとかして元子を自分のものにしようと作戦をたてるのだが、上手くいかず、料亭で元子に襲い掛かるも逃げられてしまう。そこで、タクシーを呼び止めたり何かと気を使ってくれたのが、料亭で働く島崎すみ江(内藤理沙)だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >