2017/08/16 17:00

真木よう子『セシルのもくろみ』打ち切りムードが漂い危険水域3.8%に

 真木よう子(34)が主演を務める「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)第5回が8月10日に放送され、平均視聴率3.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。ワースト記録を更新した第4話よりもさらに0.6%下降し、いよいよ打ち切り説が濃厚になってきた。

 折返し地点である第5話では、読者モデル契約を解除されることになった奈央(真木よう子)が、最後の企画として江里(伊藤歩)や山上(金子ノブアキ)と一緒に、山奥で寺修業に参加。山寺に泊まりながら、これまで頑張ってきた日々を振り返り、女の友情を確認する。

 一方で、これまで夫のアルコール依存症に悩んでいた由華子(吉瀬美智子)は、ついに離婚を決意。みんな、それぞれ新しい道を歩み始めるのだった。そして5か月後、普通の主婦に戻っていた奈央は、江里と再会する。洵子は奈央を「ヴァニティ」に再登用したがっているというのだ。

 これまで、低視聴率ながらも展開の早さで見やすさを感じていた今作品だが、今回は「どうしちゃったの?」と言ってもいいくらいに、テンポの悪さが気になった。前半の奈央と江里の寺修業や、ヘアメイクのトモ(徳井義実)との別れのシーンには、最終回の雰囲気が漂いまくりで、「もしかして今回で打ち切り?」と疑ってしまうほど。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >