2017/08/18 22:00

稲垣吾郎に出版界がラブコール?人気作家が驚きの賞賛「プロの作品だ」

 元SMAP・稲垣吾郎(43)が18日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)に出演し、9月8日に予定されるジャニーズ事務所の退所後について口を開いた。

 番組で稲垣は、軽部真一アナ(54)のインタビューに「今ある現実を受け止めながら前向きに」「仕事欲が尽きない」「自分を磨きながら、いい俳優になっていければ」など、ジャニーズ退社後の活動への意欲を語った。SMAPは昨年大みそかをもって解散し、中居正広(45)と木村拓哉(44)はジャニーズ事務所に残留。稲垣吾郎(43)、草彅剛(43)、香取慎吾(40)は同事務所退社し、芸能活動を続けるとしている。

 さて、そんな稲垣に意外な「進路」が浮上していると一部スポーツ紙が伝えている。それが作家への道だ。この背景にはどんな思惑があるのか。「本が売れなくて困っていた出版業界にとって、稲垣は救世主になり得る存在です」と語るのは文芸ジャンルを扱う出版関係者だ。

「現在、小説は「名前がない」と売れにくい状況です。『火花』(文藝春秋)がブレイクした又吉直樹さん(37)や同じジャニーズ事務所のNEWSの加藤シゲアキさん(30)のように話題性のある人を、小説部門のある出版社は探している。稲垣さんは芸能界最後の”大物作家候補”。すでに何社かが稲垣さんに接触を図っています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >