2017/08/19 12:00

武井咲『黒革の手帖』主演女優の存在感が薄れ…10.4%に微減で崖っぷち

 女優の武井咲(23)が主演する『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の第5話が17日に放送され、視聴率が10.4%、前週よりも0.3ポイント下がったことが分かった。最近のドラマでは、視聴率2桁をキープできれば合格点と言われている中で、同ドラマはなんとか2桁台をキープ。しかし、今期ドラマの中で一時期は週間視聴率ランキング2位につけていたものの、今週は6位にまで下がってしまった。やはり、武井咲では力不足なのだろうか。

 前週に引き続き、大手予備校の理事長・橋田常雄(高嶋)との駆け引きがメインとなった第6話。島崎すみ江(内藤理沙)を使って手にいれた橋田の弱みにつけこんで、元子(武井咲)はまんまと破格の値段で料亭「梅村」を自分のものにする。そして、新たな野望は銀座一のクラブ「ルダン」を手に入れること。そのために「梅村」を手に入れたのだが、「ルダン」の売主が政財界のフィクサー・長谷川(伊東四朗)だと知った元子は、自ら売買の交渉に行き売買契約をとりつけたのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >