2017/08/21 11:46

打ち切り濃厚『セシルのもくろみ』でも真木よう子の業界評価が上昇のワケ

 8月17日に放送された真木よう子(34)主演のドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系・以下同)の視聴率が、3.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)と同ドラマ放送回の中でも最低記録を更新している。

 初回視聴率が5.1%と低空飛行からスタートしていた本作は、第2話から4話にかけて4%台に下降、そして5話からは3%台に突入している。打ち切りの危機も囁かれている状態だが、同日に真木は自身のTwitterにて「向かい風上等!!!」と豪語し、強気の姿勢を見せている。

 ちなみにフジテレビのドラマでは過去に、2015年放送の稲森いずみ(45)と渡辺麻友(23)によるW主演作『戦う!書店ガール』や、2012年放送のオダギリジョー(41)主演作『家族のうた』が、予定よりもかなり早く打ち切りになっている。『セシルのもくろみ』に関しても、同じ運命をたどるのではないかという声が日に日に高まっているようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >