2017/08/22 21:00

松山千春が遅延の飛行機で熱唱の美談もその姿は「どうみてもハイジャック」

 歌手の松山千春(61)が20日の午後、出発が遅延していた飛行機内で自身の代表作『大空と大地の中で』を唄い、イライラした搭乗客の心を一気になごませたことが、21日のスポーツ紙の報道で明らかになった。

 その”事件”が起こったのは同日の昼過ぎ、新千歳発〜伊丹行きのANA便。手荷物検査を受ける「保安検査場」が混み合っていたため、同機は出発予定時刻から1時間以上も遅延し、離陸の見通しは依然立たない。夏のUターンラッシュで混み合う機内の乗客たちの間には、イライラした空気が蔓延しはじめていたという。そんな時に男の声で機内アナウンスが流れた。「皆さん、お待たせして申し訳ございません!」。客室乗務員用のマイクで語り掛けてきた男は、北海道が生んだあの大物シンガーだった。

「皆さん、北海道出身の松山千春です。もうシートベルトをされてから1時間以上。ムカつくでしょう。大変ですが旅は道連れ、もう少し我慢して下さい。皆さんのご旅行と人生が素晴らしいものとなるよう祈ってます」というと、『大空と大地の中で』を熱唱しはじめた。それで機内のムードは一変、楽しく和やかな雰囲気に包まれたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >