2017/08/24 09:10

中居正広、27時間テレビでさんまとの企画中止にあった”ジャニーズの強権発動”

 SMAP元メンバーの移籍問題は多方面に影響を及ぼしている。その一例ともいえる“事件”が勃発した。火付け役は大物芸人・明石家さんま(62)。明石家さんまは中居正広(45)と2000年から、フジテレビの『27時間テレビ』における深夜帯の生コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」で共演。互いに仕事や私生活をぶっちゃける内容が好評を博していたが、今年は急きょとりやめとなってしまったのだ。

 その背景について、テレビ局社員は次のように語る。

「今年の『27時間テレビ』の放送開始日は9月9日。奇しくも、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)のジャニーズ事務所の退社と同じ日です。一時は退社組の最右翼と目されながら残留を選んだ中居には、曰くつきのタイミングなので、今回は異例の中止となったようです」

 中居は公の場で今回の独立問題について口を開いておらず、さんま相手に何を語るか注目されていた。関係者にとっては期待外れの結果となったが、こうした事態にさんまが遂に不快感を示した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >