2017/08/27 11:51

武井咲『黒革の手帖』期待を裏切る急展開で10.1%に失速…1桁転落が目前に

 女優の武井咲(23)が主演を務める『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の第6話の視聴率が10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。ギリギリ2ケタをキープしているものの、前週よりも0.3ポイントさがり1ケタ台に大手をかける形となった。

 大手予備校の理事長・橋田常雄(高嶋)から料亭『梅村』をタダ同然の価格で譲りうけた原口元子(武井咲)。これを売却したお金を元手に、政財界のフィクサー・長谷川(伊東四朗)から銀座一のクラブ「ルダン」を購入する予定だったが、事態は予想外の展開に。

 裏社会のドンともいわれ恐れられている長谷川は、「ルダン」売買の契約時に勝手に元子が契約を破棄できないようにと、違約金1億円だけではなくクラブ「カルネ」を譲渡するということも契約書に記載。これを元子は受け入れて契約書にサインをするものの、全ては長谷川の罠だったのだ。

 料亭「梅村」の持ち主は、いつの間にか元子ではなく橋田以前の所有者・梅村ミキに変更手続きがされていた。不信に思った元子は、橋田のもとを訪れ問い詰めるものの橋田は余裕の表情。お金をゆするためにすみ江(内藤理沙)を使って手にいれた“予備校の寄付金枠リスト”もデタラメで、橋田と裏で手を組んでいたすみ江にもハメられていたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >