2017/08/27 19:07

真木よう子『セシルのもくろみ』ハセキョーの”悪女ぶり”全開で上昇傾向へ

 真木よう子(34)が主演を務める「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)第7回が8月24日に放送され、平均視聴率4.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。前回より0.7%アップし、ワースト記録更新は何とか免れたようだ。

 とにかく放送開始前から現在に至るまで、話の内容よりも視聴率や真木よう子の“痛すぎる”Twitterばかりが話題にのぼる今作品。先週は「視聴率3.8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください」とつぶやいてしまったため、フジテレビが関係各所に謝罪をするという前代未聞の騒動まで報じられている。打ち切り説も再浮上し、一視聴者としてはハラハラしっぱなしだ。ある意味で話題に事欠かないこのドラマを、怖いもの見たさで視聴した人がいたのではないだろうか。

 第7話では、ハマユカ(吉瀬美智子)が「ヴァニティ」を卒業し、後続に舞子(長谷川京子)が抜擢される。プロ意識の高い舞子にダメ出しをされる奈央だが、専属モデル5人で行ったウェブ企画では、見事1位を獲得。トークショーの出演権を得るが、素のガサツな姿をネットにアップされてしまう。息子・宏樹(佐藤瑠生亮)への影響を考えた奈央は、モデルを断念しようとするのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >