2017/09/02 19:05

IMALUが語った芸能界の”親の七光り”否定に大ブーイング「自分こそ代表格なのに」

 芸能界には実力で生き残ってるつもりだった? お笑いタレント・明石家さんま(62)と女優・大竹しのぶ(60)の長女として知られる二世タレント・IMALU(27)が8月25日、トーク番組『エゴサーチTV』(AbemaTV)に出演した。番組内では、芸能界の”七光りブーム”に否定的な立場を示し、自分のことを「『今でも親のコネで(TV番組に)出てるんじゃないか』と思っている人もいる」と話し、暗に親の七光りを否定した。しかし、すぐにSNS上では「いい加減にしろよ七光り」などのブーイングが飛び交っている。

■現在のテレビ出演は実力の賜物?

 昨年3月に発表された「実力ないのにTVに出てる」芸能タレントランキングで、ANRIこと坂口杏里(26)に次いで2位に入るなど、世間から「偉大な親の七光りを受けている」と見られがちなIMALU。25日の番組では、ネット上のウワサや悪評をリサーチした。IMALUは様々なウワサに絡めてテレビ番組でのエピソードなどをマイペースに説明。自身の冷静な性格やリアクションの薄さは、“お笑いモンスター”の異名をもつ父親が反面教師となっていると自己分析した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >