2017/09/02 08:05

真木よう子、SNS炎上で収録もドタキャン?ドラマ打ち切りで女優業ピンチに

 コミケ炎上騒動で揺れる女優・真木よう子(34)が8月31日、大炎上した「コミックマーケット93」(以下、コミケ)の騒動に関して、所属事務所を通じてあらためて謝罪した。同日には、主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が9話で終了という、事実上の打ち切りが決定したことも明らかになっている。ズタボロの真木よう子に明るい未来はあるのか。

■プロジェクト大炎上&ドラマ打ち切り決定で…全話最高5.3%の皮肉

 事の発端は8月25日。真木はカメラマンの鈴木心氏(36)、編集者の北尾修一氏と組み、クラウドファンディングで資金800万円を募ってフォトマガジンを制作し、コミケで販売するプロジェクトを発表する。しかしコミケ愛好者の間で大炎上するハメになった。

 これを受けて真木は、28日にコミケ参加を辞退、30日に同プロジェクトを正式に中止。31日には、プロジェクト内で暗に批判していた所属事務所を通じて「私自身の軽率さと、馬鹿さが原因だと猛省しております。よくよく自分を見つめ直し、反省し、出直したく改めてお詫び申し上げます」などと謝罪している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >